アニサキスの食中毒被害4年連続1位へ | アニサキスチェッカーや消臭器の販売 ブラウエ・ライタージャパン

アニサキス アニサキスチェッカー クリーンチェッカー

アニサキスの食中毒被害4年連続1位へ

厚生労働省の調べによると、2021年の食中毒発生件数の被害は

4年連続アニサキスが1位になったことがわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病因物質別では、アニサキスが344件で最多となり、全体の半数(48.0%)を占めた。

次いでカンピロバクターが154件(21.5%)

ノロウイルス72件(10.0%)と続き

この3物質で全体の8割近くを占めた。

アニサキスによる食中毒は前年比42件減少したものの、

2018年にカンピロバクターを抜いて以降、アニサキスによる食中毒件数は4年連続で最多である。

直近7年間のアニサキス食中毒件数の推移は

 

15年127件

16年124件

17年230件

18年468件

19年328件

20年386件

21年344件

 

とアニサキス食中毒件数は高止まり傾向となっている。

アニサキス食中毒の半数以上が飲食店や販売店で発生しており

同省は生鮮魚介類を扱う事業者に対し、鮮度の徹底と目視による確認などの対策を呼びかけている。

アニキサス対策には、加熱か冷凍と言われますが、やはり魚介類は生が一番。

お刺身もお寿司も冷凍だと味が落ちてしまいます。

特に新鮮な魚介類をアニサキス対策のためだけに冷凍・加熱するのは本末転倒です。

しかし、アニサキスは肉眼では見つけにくいため、調理などの際に目でよく見ても、白くて糸のようなアニサキスを見つけるのは至難の技です。

 

 

アニサキスチェッカーがあれば、一目瞭然でアニサキスを発見することが出来ます。

警察の科学捜査で利用される技術ルミネッセンスを利用して、肉眼で見えにくいアニサキスを発光させているのです。

科捜研や鑑識ではこの原理を使用して、犯人が残した痕跡を見つけるために使用しておりますが

この技術を応用したのがアニサキスチェッカーなのです。

アニサキスが発光しやすい特殊な波長

アニサキスが発光しやすい強力な紫外線強度

アニサキスが発光しやすいバンドパスフィルタによる可視光カット

※バンドパスフィルターが無いとアニサキス以外も発光してしまいアニサキスが見えになってしまいます。

この3つの技術がアニサキスの発見を可能にさせました。

市販のブラックライトは大違いです。

ヘッドバンドに装着すれば両手フリーで魚介類を調理しながらアニサキスを簡単に見つけることが可能です。

いちいち機械に入れて確認したり、重たい機器を持って魚介類に照射させたり、作業性も非常に良くなります。

 

そして、何より安い。税込み30,000円です。

たった30,000円でアニサキスによる食中毒のリスクを回避出来ます。

-アニサキス, アニサキスチェッカー, クリーンチェッカー
-, , , ,

Copyright© アニサキスチェッカーや消臭器の販売 ブラウエ・ライタージャパン , 2022 All Rights Reserved.